" />

鎌倉殿の13人

【鎌倉殿の13人】44話ネタバレあらすじ!実朝は暗殺?公暁の狙いは彼だった?!

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】44話で鎌倉最大の悲劇として、44話で暗殺されてしまうのでしょうか?

歴史から見て起こる公暁により源実朝暗殺か起こります。

気になるのは11月20日放送44話で鎌倉殿・源実朝は暗殺されてしまうのでしょうか!!

鎌倉殿の放送は残り4回です。

いよいよクライマックスへと、物語は進みます!!

 

※鎌倉殿の13人は小栗旬さん主演の、北条義時が鎌倉幕府の執権となるまでの物語です。

 

  • NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」2022年1月9日(日)から放送開始。
  • 主演 北条義時役 小栗旬
  • 脚本 三谷幸喜

平安後期から鎌倉初期、武家社会の礎となる時代を背景。

公家社会の世の中から武士の台頭を築いた平将門を倒すべく

源頼朝が将門を源平の合戦で破り鎌倉幕府を樹立。

頼朝を支えてきた北条義時がその後の鎌倉幕府の実権を握っていく物語。

NHK大河ドラマとして61作目となる。

 

44話 ネタバレ

後鳥羽上皇から右大臣の官職が与えられ、新しい鎌倉殿も後鳥羽天皇の内親王が下ることになり

北条家も栄誉に沸き立ちます。

そんな中、公暁は実朝の暗殺を計画。

三浦義村もこの計画に加わりますが、泰時に計画がバレてしまいます。

 

三浦はこの計画を取りやめにしようとしますが、公暁はこの機会をのがしたらもう2度チャンスはないと諦めません。

 

実朝にこのような企てがあることを、義時が伝えますが実朝は聞き入れず

それどころか、自分はいつか京に行くと言い出し

鎌倉を捨てるつもりの実朝を見限るのです。

 

実朝はどうして公暁が自分を憎むのか、真実を知ります。

北条により家族を殺され暗殺された頼家の子供である公暁。

 

実朝は公暁にそなたに気持ちはわかる、と謝り

共に鎌倉を支えようと言いますが、公暁の恨みは大きく届きません。

 

暗殺計画のある拝賀式。

泰時は段取り用に図面が違っていることに気づきます。

 

公暁に暗殺計画は実朝ではなく

 

北条義時だったのです。

 

 

 

44話の感想

放送後、後述します。

 

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】44話に起こることとネタバレあらすじを書き紹介しました。

最終回まで残り4回です。

どうなるのか今後の展開も見逃せませんね。

【鎌倉殿の13人】の全話を見る方法

見逃し配信はNHKオンデマンドで見ることができますよ。

お得な見方は2つ

  1. Amazonプライム経由でNHKオンデマンドを見ること
  2. U-NEXTなら30日間無料ポイントももらえてお得♪

です。

NHKだけみたいならばNHKオンデマンドですね。

いずれも月額990円かかります。

 AmazonでNHKオンデマンドを利用する 

Amazon利用者ならいくつも契約を持つより、Amazonプライムで視聴したほうがすっきりします。

Amazonプライムのデメリットは特に特典がないこと。

U-NEXTでNHKオンデマンドを利用する 

U-NEXTならポイントがついてお得です。

しかも30日間は無料なので鎌倉殿を見終わったら解約も可能ですよ♪

 

\ U-NEXTで大河ドラマヲ見る /



最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

-鎌倉殿の13人