" />

アマゾン

Amazonギフト券の使い方や購入方法は?どんな種類があるのか徹底調査!

Amazonギフト券 どこで買う?種類も紹介
    Amazonギフト券はどこで買える?どんな種類があるのかな。

こんな疑問にお答えします。

  • Amazonギフト券の購入方法
  • Amazonギフト券の種類
  • Amazonギフト券の使い方

最近は、ちょっとしたプレゼントであったり、

お礼などでAmazonギフトカードが用いられることが多くなってきましたよね。

  • プレゼントとして購入を考えているけど買い方がわからない
  • 貰ったけど使い方がわからず困っている

このような悩みを抱えている人も少なくないのではないでしょうか。

かのこ
私自身、最初はどういうものがわからず、Amazonギフト券と聞いても、

「あー最近流行のあれね」というようにあまり関心を持っていませんでした

しかし、買い方から使い方まで一通り理解すると、思っていた以上に便利なものです。

「Amazonギフト券?何それ?」というそこのあなた!

この記事を読めば、あなたもすっかりAmazonギフト券のとりこになること間違いなしです!

 

 

Amazonギフト券の買い方(店舗)

Amazonギフト券の買い方は

  1. 店舗で購入するパターン
  2. Amazon公式サイトで購入する

この2つのパターンがあります。

まずは店舗で購入するパターンの流れを説明します。

ギフト券が売られてる店舗は、

  • コンビニ
  • ドラッグストア
  • スーパー
  • 家電量販店など

結構色々な場所で売られてます。

大体、レジやコピー機横にあるので、

希望の金額のギフト券をレジに持っていき、

お支払いすれば、これで完了です。

普通の商品を買うのと、一緒ですね。

ただ

¥1500~¥50000というように書かれてるギフト券は、

「¥1500~¥50000の範囲でお客様の方で自由に金額を設定できますよー」というタイプのもので、

この場合店員さんに希望の金額を伝えれば、

それでOKです。

 

Amazonギフト券の買い方(オンライン)

次にAmazonの公式サイトから購入する方法を説明します!

パソコンやスマホで「Amazon.co.jp」と入力し、公式ページにいきます。

一番下までスクロールすると、「Amazonでのお支払い」という項目の中に

Amazonギフト券」とあるので、そこから希望のギフト券を購入するという流れです。

 

ギフト券には

  • E-メールタイプ
  • 印刷タイプ
  • チャージタイプ
  • 配送タイプ

の4種類あります。

それぞれの詳細については後程説明します。

Amazonギフト券の種類(店頭)

店頭で買えるギフト券の種類は、

  1. カードタイプ
  2. シールタイプ  

の2種類です。

カードタイプは店頭で見かける最も一般的なタイプのものです。

金額は3000円、5000円、1万円、2万円、バリアブルという様に分かれており、価格帯も豊富です。

 

バリアブルは先ほどちらっと説明した1500円から5万円の範囲で

顧客の方から自由に値段を設定できるタイプのものになります

 

シールタイプは

LoppiやFamiポートなど、

店舗内に設置された機械から操作して購入するギフト券です。

大体ATMや印刷機の近くに置かれています。

金額は2000円、3000円、5000円、10000円、20000円、25000円の5種類でバリアブルタイプはありません。

 

Amazonギフト券の種類(オンライン)

オンラインで買えるギフト券は、

ポイント

  • E-メールタイプ
  • 印刷タイプ
  • チャージタイプ
  • 配送タイプ 

の4種類です。

E-メールタイプ

E-メールタイプは

メモ

 

注文後にギフトコードが記載されたメールが指定したアドレスに届き、

そのコードを登録することでギフト券として利用できるタイプ

 

のものになります。

価格帯は15円から20万円と幅広く、

バリアブルと同じように1円単位で値段を自由に設定できます。

購入する際に送付先のメールアドレスを入力する必要があるので事前に控えておくといいでしょう。

印刷タイプ

印刷タイプは、

購入後にコードが記載されたPDF形式のギフトカードを印刷し、利用するタイプのものです

価格帯はE-メールタイプと同じとなっています。

 

 

 

チャージタイプ

チャージタイプは

Amazonアカウントに直接、金額をチャージして利用します。

販売価格は100円から50万円と最も幅広いです。

 

配送タイプ

配送タイプは、ギフト券が自宅まで届くタイプのもので、価格帯は配送されるギフト券の種類によって異なります。

少しややこしいのですが、配送タイプは更に細かく種類がわかれています

Amazonギフト券の種類(配送)

少々ややこしい分、便利な配送タイプは、

と6種類あります。

商品タイプ

商品タイプは、

デパートなどで発行される商品券のような見た目のギフト券です。

販売価格は500円から5万円までとなっています。

タイプはその名の通り、ギフトボックスに入ったギフト券です

デザインが様々あるため、ギフト用にもってこいのタイプです。

販売価格は下値が高く、5000円から5万円です。

グリーティングタイプ

グリーティングタイプは、メッセージをつきのギフト券になります。

自分で自由にメッセージを設定できるのでプレゼントにはもちろん、

何かのお礼にも適したタイプになります。

こちらも同じくデザインが豊富で、価格帯は1000円から5万円です。

封筒タイプ

封筒タイプ封筒に入ったギフト券で、価格はサイズにより異なります。

通常サイズであれば、3000円から5万円、ミニサイズなら1000円から5万円のバリアブルです。

こちらもデザインが子供向けから大人向けまで幅広いです。

カタログ型ギフト

カタログ型ギフトは、カタログのような冊子と一緒に届けられるギフト券です

カタログギフトとはいっても、カタログの中から商品を選ぶ必要はなく、

カタログはあくまで使用例を記載したお洒落な付属品のようなもので、フォーマルな場に適しています。

マルチパック

最後にマルチパックですが、これはギフト券が10枚に小分けされているタイプになります。

例えば、一万円分であれば、1000円分×10枚というようになります。

種類は

  • 5000円(500円×10枚)
  • 1万円(1000円×10枚)
  • 3万円(3000円×10枚)
  • 5万円(5000円×10枚)

の4種類となっています。

複数人にプレゼントを贈りたいときなど、使い道に様々な工夫が施せます

Amazonギフト券の使い方は?

購入した後は、記載のギフト番号をAmazonアカウントに登録します。

Amazonにログインしたら、一番下までスクロールしてAmazonでのお支払いという項目のAmazonギフト券をクリックします。

 

 

そうすると、ギフト券を登録するとあるので、そちらを選択し、後は番号を入力すれば完了です。

 

非常にシンプルで簡単ですね!

まとめ

いかがでしたが?Amazonギフト券はどこで買える?どんな種類があるのか

購入方法や使い方をご紹介させていただきました。

自分用に買うも良し、プレゼント用に買うもよし。

種類が豊富なため、どのような場面、状況下においても

ピッタリのものを見つける事ができるのがAmazonギフト券です。

私自身、学生時代には卒業論文執筆のためのインタビューに協力した人へ、

E-mailタイプのギフト券を謝礼としてお渡ししたことがあります。

こんな感じでかなり色んな所で活用できるので、

皆さんも自分の用途に合ったギフト券を是非見つけてみてくださいね。

-アマゾン