せいかつ

セルライトをなくす方法は?セルライトの原因とマッサージ法をご紹介

女性の敵、「セルライト」はご存知ですよね?

セルライトという言葉は皆さん聞いたことがあるかと思います。

脂肪の厚みが多い部位を「ぐっ」と掴んでみると

大きなオレンジの皮の表面のように

肌の下で何やら大小さまざまな固まりありますこれが目で見えるセルライトといったところ。

今回はセルライトをなくす方法とマッサージをご紹介します!

セルライトとは?

セルライトとは脂肪の固まりのこと、だと思っている方は多いのでは?

体の血行の流れが悪かったり、老廃物が溜まり体の循環サイクルが滞ってしまうと

行き場のない小さな脂肪の細胞が集まってできる、と思っていたのですが

ウィキペディアではちょっと違いました。

セルライト(Cellulite)は、脂肪組織に線維化が生じ変性をきたし、皮膚に凸凹となって表れた皮膚の状態を指す肥満とは異なる。セルライトは主に成人女性の大半に生じる。医学的には有害ではないが、審美的に気になることがある。腰、太もも、お尻の周りに形成される。セルライトを目立たなくするには、体重の減量と筋肉を作ることが重要であり、セルライトを低減するためのいくつかの装置がアメリカ食品医薬品局(FDA) によって承認されている。セルライト低減用の外用クリームにはよく、アミノフィリン、カフェインなどキサンチンやレチノイドが配合されている。

と、あります。

大きな脂肪細胞の繊維状に固まりとなってこびりついている、と言ってもいいですよね。

上のウィキペディアの表記を見ると、

セルライトは皮膚の状態を表していて

肥満とは違うが成人女性の大半がセルライトであると、

けれど医学的に問題もなくただ見た目と気持ち的に問題があると、言っていますね〜

 

セルライトをなくしたい!

体重を減らしたり、筋肉をつける事だけがダイエットではありませんよね。

見た目に美しいとボディ、というのもダイエットであり、

セルライトのない体にすることもダイエットです。

そして、痩せたからと言って自然にセルライトが無くなる訳ではないのです。

セルライトは固まってしまった脂肪なので、しかも中々消えない固まりです。

見た目がほっそりしていても、短いスカートや水着を着たら、

太ももからお尻にかけてセルライトがボコボコ。

できることなら、無くしたい!と思うのが世の女性の心理であることは言うまでもあひません。

まだ見た目的には大したことないと安心していると、

あっという間につかまない状態でもボコボコと見えてしまう大きなセルライトへと

成長してしまうので要注意ですよ。

セルライトをマッサージで除去

 

二の腕やお腹、そしてお尻や太ももなど、

お肉が固い部分の皮膚がボコボコしている憎っくきセルライト。

セルライトの除去方法の一つはマッサージです。

固くなった脂肪の塊をとにかくほぐしてあげて、

本来の新陳代謝エネルギーとして消化できるように、柔らかくしてあげるのです。

マッサージのやり方

いきなり圧力のかかったマッサージをするまえに、

まずは優しく手の平で撫でるようにセルライトにそって擦ります。

これだけでもリンパや血行の流れが良くなるのですが、

しばらく擦ってから、いよいよ圧力をかけていきます。

1、力を込めて擦る。

2、「ナックリング」と言われる握りこぶしでセルライトを潰すように圧力をかけてマッサージをする。

3、「S字型つまみ出し」と言われる両手の親指とほかの指でセルライトを摘み上げ、右に左に動かしてマッサージをする。

この3つの手順で行うとより効果的

マッサージの方向としては必ずどこの部位でも心臓に向かって行ってください。

あまりに力を入れすぎると、弱い肌のすぐ下にある更に弱い毛細血管がきれてしまってアザになってしまうので、

やり過ぎには気を付けてくださいね。

 

最後に

自分のお尻の下をぐっと力を入れて掴んでみてください。

思った以上にボコボコが始まっている方は、早急にセルライト退治をはじめましょう!