せいかつ

睡眠がなやみ?眠りが浅い人の特徴と改善法は?

朝起きて寝たりないな。

目覚めがスッキリしないな。

そういえば何度も目が覚めたな、

と思いながら起きるのはとても辛いものですよね。

しっかり寝ていたはずなのにまだ眠いのは熟睡できていないのかもしれません。

睡眠がしっかり取れていないと、思わぬ事故や仕事のミス、またダイエット効果もなく太りなったりして

良いことはないんです。

眠りが浅い毎日を解決する対処法のポイントをご紹介します!

 

眠りが浅いときは入浴して熟睡する

眠りたいのに眠れない日々。

つらいですよね。

眠りが浅い時の改善方法のひとつとしておすすめの簡単にできる方法は

シャワーですませるのではなく湯船しっかりつかる入浴方法です。

忙しいとシャワーで済ませてしまいがちでず。

入浴することで体が温まり神経も和らぐことから快眠へと導くことができます。

気持ちよく入浴するために入浴剤を使ってもいいです。

入浴は眠る時間の1時間半ぐらい前に入るのがベスト。

体温をいちど上げるのでぐっすりと熟睡できる秘訣です!

睡眠は気温が大事

睡眠は意外にもその日の気温や、あなたのストレスのあるなしなど、ささいなことで簡単に影響受けます。

ぐっすり眠れる日もあるけれどもそうじゃない日もありますよね。

眠りが浅い人の特徴として、

は急な寒暖差や気候の変化に体がついていけず熟睡できないというのが理由の1にあげられます。

1日1日の睡眠の変化はあまり気にしすぎずやり過ごすことも大事です。

 

夜中に何度も目が覚めてしまう

夜中に何度も目が覚めてしまって熟睡できずに朝を迎えてしまい、眠りが浅いという場合もありますよね。

また夜分ずっと眠りが浅くなり朝の目覚めが悪いと言うことがあります。

人は無意識を含めると一晩で何回も目が覚めているんです。

 

7時間眠ったのに日中は眠い

7時間から8時間眠ったのに日中眠くて仕方がないと人はいますか?

これは運動不足で熟睡ができていないと言う場合があります

1日中テレビを見て過ごした人と適度に運動運動して過ごした人とは

熟睡感はまるで違います。

体が全くの疲労感を感じていなければ熟睡も難しいようですね

やはり適度な運動活動は体にとって大切ですもし

家にいることが多いのであればストレッチやウォーキングなどの軽い運動することが大切です。

まずは日々に取り入れてみてくださいね。

特に夕方は体温をしっかり上げることで重要です。

睡眠には体温の上昇と低下がとても有効です。

昼寝はほどほどに

昼寝は気持ちいいですね。

寝つきをよくするためにも長時間の昼寝をするのはタブーです。

の睡眠の質が下がって

また昼間に寝てしまうという悪循環が始まってしまいます。

日中の長い睡眠は控えて眠るのは夜というリズムを作っていきましょう

よく寝た感覚がない

朝起きたときにあーよく寝た!と言う感覚がないという人。

そんなひとに何が起きているかというと

人は夜眠っている間に浅い眠りのレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。

疲れを解消してくれる成長ホルモンの分泌量は夜10時から夜中の2時までの間深い睡眠時間に入るかどうかで決まっています。

ここで眠れていないと疲れを取ることができにくいのです

また深い眠りするために、寝る直前のお酒はタバコは控えましょう

朝すぱっと起きる方法

目覚まし時計をかけていたのにその音を消してしまって寝坊しちゃう方がかなりますよね

頭が働いていないので枕元にあった時計をポンと止めてそのまま眠ってしまう。

目覚まし時計をとめたことすら覚えていません

絶対に体が起きられるように目覚まし時計はベッドから離れた位置に置くことが大切です。

実際にその時計を止めるためにに体を起こす必要があります。

起きれない方は布団から出る行動が大事です。

最後に

眠りの対処方はまだまだありますよ!

次の回でまたご紹介しますね!