" />

舞いあがれ

朝ドラ「舞いあがれ」第5話ネタバレ あらすじと感想!

朝ドラ【舞い上がれ!】第5話のネタバレあらすじと、感想を書いています。

舞いあがれは第5話は10月7日金曜朝8時からの放送です。

祖母祥子の住む五島列島にやってきた母めぐみと舞。

 熱を心配し、校外学習に行けないと諦めようとしたところ、

祖母祥子の「舞はどうしたいのや」という問いかけに

「行きたい」と元気よく返事!校外学習に行くのでした!

 

ドラマ「舞いあがれ」見逃した場合は、U-NEXTで見ることができます!

1ヶ月無料期間あります。

過去の朝ドラや大河ドラマも見放題です。

ちむどんどんも見れます!※最新配信の状況はU-NEXTサイトでご確認ください。



>>>朝ドラや大河の見逃し配信NHKオンデマンドを見る方法!U-NEXTで見るのがおすすめ!!</

【舞いあがれ!】第1週のタイトルは「お母ちゃんとわたし」

【第1週のあらすじ】

1994年、大阪府東大阪市。小学3年生の主人公・岩倉舞(浅田芭路)は、ネジ工場を営む父・浩太(高橋克典)、母・めぐみ(永作博美)、そして兄・悠人(海老塚幸穏)の4人家族。舞は原因不明の発熱で小学校を休みがちだった。久しぶりの登校で飼育係になり、そこで生涯の親友となる望月久留美(大野さき)とウサギの世話をすることになるが、そのウサギが脱走。必死に探す舞。舞の幼なじみ・梅津貴司(齋藤絢永)が見つけてくれて事なきを得たが、走り回ったせいでまた発熱してしまう。そんな舞の症状に、浩太とめぐみは医師から環境を変えることを勧められる。そして、めぐみは、結婚以来帰ることのなかった故郷の長崎・五島へ、舞を連れていくことを決意する。

第5話で第一週「お母ちゃんとわたし」が終わります。

第6話からは第2週に入ります。

舞い上がれ!第5話の登場人物

第5話の登場人物を紹介します

第5話 登場人物

ヒロイン舞・・(子役 浅田芭路)福原遥
舞の母めぐみ・・永作博美
めぐみの母祥子・・高畑淳子

 

舞い上がれ!第5話あらすじネタバレ

校外学習の中、オコゼを踏んで怪我をしてしまう子供。巻き込まれたまいが膝に怪我をする。

家では祥子とめぐみがジャム作りをしている。

できたジャムを積んで港に向かうと人々が慌ただしく動いてるのを見て、舞を探すめぐみ。

その晩3人で食事をしていると、祥子が突然めぐみに大阪に帰るように促す。

理由は、舞は母めぐみに遠慮して自分の気持ちが言えないから。。。。

舞い上がれ!第5話ネタバレあらすじのポイント

第5話のポイントをまとめます。

ポイント

校外学習に参加する舞

怪我をする舞に過剰に心配するめぐ

祥子はめぐみに舞を置いて大阪へ帰るように言う

[/st-mybox

舞いあがれ!第5話感想

舞いあがれ、第5話の感想!

校外学習で膝に擦り傷を負った,舞をめぐみがとても心配します。

あれぐらいで、と私も思うくらいの傷ですが

祥子さんも過保護な、めぐみの対応を問題に思っていたのですね。

1番印象的な港で母めぐみと別れたあとの舞の言葉でしたね。

「お母ちゃん、わたしといたらしんどそうだから」

「お母ちゃん、舞にここに残ってほしいと思ってる。だから、帰れへん」

よく自分の思ってることが言えたと、舞を褒める祥子。

ここが1番切ない場面でした。

優しく思いやりのある賢い子供、自己主張も本来得意ではなくて

言いたいことが言えなくなるのではなく

子供らしく、思いっきり元気でいてほしい。

祥子とめぐみの願いですね。

最後にばらもん凧が登場しました。

来週からの舞いあがれも楽しみです!

浅田芭路ちゃんのプロフィールはこちら

>>朝ドラ「舞いあがれ!」ヒロイン・舞の子供時代を演じるのは子役浅田芭路ちゃん!

 

まとめ

【舞いあがれ!】第5話のネタバレあらすじと感想、登場人物や第1週の具体的なあらすじ予習をまとめました。

ドラマ舞いあがれはまだ第5話です。

-舞いあがれ