ひとづきあい

初対面の人と仲良くなるには?打ち解ける方法は?

初めての職場、学校、習い事など

だれでも初めての環境に飛び込んだ時は不安と緊張が大きいものです。

第一印象やはじめての会話をクリアしたあと、もっと親しくなれたらと思いますよね。

打ち解けるきっかけを作って、いい関係を作りたいですね!

どのように仲間となる人たちと打ち解けていくか、親しくなっていくか、ポイントを上げていきますね!

親しみを込めて相手を呼ぶ

まずは先走らずに、衆院の人が呼んでいる、あるいは呼びあっている名前を呼びましょう。

一般的に「〇〇子さん」「〇〇子ちゃん」と名前で呼ぶと親近感が増します。

呼ぶ前に「どのように呼んだらいいですか?」「〇〇さんと呼んでもいいですか?」と一応確認して許可をもらった方がいいですね。

相手の好みや趣味を否定しないこと

会話の中で相手の好きなことや趣味が自分は好きでなかったり、理解できなかったとしても、否定的な言動はやめましょう。

例えば「ダイビングが好きなんですか?私は海が嫌いなんでダイビングなんて考えられませんー」なんて、言ってしまったら会話はそこで終わってしまいます。

相手も気分を悪くしますよね。

何事も「まずは肯定」して話を広げましょう!

プライベートなことを聞いてみる

女同士の場合、恋愛や結婚、育児、ファッションなど共通の話題を探しやすいです。

仕事関係の方が相手の場合は個人的な質問は避けた方がいいかもしれませんが、そうでなければ個人的な話をすると距離は縮みますね。

打ち解けるために矢継ぎ早に質問するのはNGですよ。

自分の話を交えつつ質問をして、「お聞きしてもいいですか?」と、前置きすると相手も話しやすいです。

 

正直な気持ちが好印象

初対面で慣れない人と話をするのは、やはり緊張しますし、うまく言葉も出なかったりします。

うまく話せなかったら「ちょっと緊張してます。。」

と正直に伝えると気持ちが楽ですし、正直さが好印象になりまふ。

その場の空気を読む?!

色々な空気があると思いますが、会話の中で気のない相づちが続くようならば話題を切り替えても、いいかも?

「ふうん」「そう」「へえ」など感情があまり入っていない相づちは見逃さないに。

相手はちょっと飽きてきているのかも。。

仲間の輪には積極的に参加を

常に一緒に行動をしよう、と提案しているのではないですよ!

しかしお昼ごはんを一緒に食べに行く、

休憩時間に一緒にお茶をする、

などの場合は積極的に輪の中に加わることはとても大切なことです。

加わることで早く打ち解けることかでき、

みんなの考え方や趣味をなど、

いろいろな情報を得られる場所でもあるので、積極的に参加してくださね!

最後に

いかがでしたか?

はじめの人との会話を楽しめる人も、構えてしまう人もいます。

人それぞれです。

大切なのは相手に好意を伝えて、誠実で正直な気持ちです。

どうぞ、そんな自分を楽しんでくださいね!